科研費基盤研究A「単結晶薄膜化により物性を制御した強相関系遷移金属酸化物の電子構造の研究」研究会

  平成17年6月17日(金)13時〜18時 東京大学 柏キャンパス 基盤棟2階大講義室

13:00

-

13:05

はじめに

 

13:05

-

13:25

尾嶋正治

Observation of magnetic domains in LSMO thin films by XMCD-PEEM

13:25

-

13:45

組頭広志

LSMO薄膜の角度分解光電子分光

13:45

-

14:00

和達大樹

tight binding計算によるペロブスカイト型酸化物薄膜のARPESの解析

14:00

-

14:30

渋谷圭介/Mikk Lippmaa

Field-effect modulation of SrTiO3/CaHfO3 interfaces

14:30

-

14:50

須崎友文

マンガン酸化物へテロ接合の電流電圧特性

14:50

-

15:10

藤森 淳

STO/LTO等の界面の光電子分光

15:10

-

15:30

堀田育志

LaVOx(x=3-4)薄膜の内殻光電子分光

15:30

-

15:50

coffee break

 

15:50

-

16:30

川崎雅司

Temperature gradient epitaxy of ZnO for finding windows of the conditions realizing LED

16:30

-

16:50

寺井恒太

CaMn1-xRuxO3薄膜の作製と光電子分光,MCD測定

16:50

-

17:10

溝川貴司

光電子分光でプローブする遷移金属酸化物薄膜の光照射効果

17:10

-

17:30

松本祐司

遷移金属添加SrTiO3薄膜の光電子分光と電荷移動

17:30

-

18:10

鯉沼秀臣

スピード、革新性、国際性を有する’ものつくり’研究新体系の構築

 

18:30-20:00 懇親会(柏カフェテリア) 


基盤Aホームへ