講義ノートの訂正

(1) 式(2.47)の次の式。

 誤ea = e1s + (UAA + UAB)+ |t| 

 正:ea = e1s + (1/2)UAA + (3/2)UAB + |t| 

 従って、式の次の行の説明も。

(2) 式(2.53)および式(2.55)の下の説明。補講で説明します。

従って、先日のレポートの解答も以下の通り変更します。この変更は、期末試験の問題には直接関係しません。 

解答(簡略)

占有状態の満たすHartree-Fock方程式(式(2.39))においては、電子はもう一方の電子からのクーロン・ポテンシャルを受けている。これが、HHF=H1+Vcの中のVcである。非占有状態は、占有状態にある両方の電子からのクーロン・ポテンシャルを受けるのでVcが2倍になるとともに、同じスピンの向きをもつ占有状態の電子から交換ポテンシャル(=- (1/2)UAA + (1/2)UAB )を受ける。